« (17-06.11.)(日);露「経済」深刻な低迷… | トップページ | (17-06.13.)(火):小池氏「出直し知事選」で前代未聞“ダブル選挙”か »

2017/06/12

(17-06.12.)(月);中国人、豪の新築物件中25%「爆買い」…

(17-06.12.)(月);中国人、豪の新築物件中25%「爆買い」…

<爆買いの内2割は放置で「空き家」に>;
 富裕層の中国人たちがオーストラリアの新築物件の4分の1を購入している、と英メディアが報じた。購入して放置している投資家も多く、うち20%は空き家になっているという。中国人たちが世界中の不動産を買いあさっていることは知られているが、その購買意欲は衰えることがないようだ。

<人気エリアの高級物件も>
 英紙デーリー・メール(電子版)が5月下旬に伝えたところによると、オーストラリアの市場に出ている新築物件の25%を中国人が購入したという。購入しているのは多くが資金力のある若い人たちで、彼らは家族で移住しようとしているようだ。ただ、購入したものの投資目的のため放置する人もそれなりにいて、中国人が購入する新築住宅の20%が空き家になっているという。

 記事では、シドニー郊外の浜辺に広がる人気のエリア、ドーバー・ハイツで、海を見下ろす650万豪ドル(約5億3300万円)の物件を調べている中国人女性が登場。この女性はすでにシドニーに住宅を所有し、ゆったりとした快適な生活ができるセカンドハウスを探していて、すでに子供を現地のエリート学校に通わせているという。

 現地の住宅金融関係者は「中国人たちは今年1軒、来年1軒と毎年1軒の物件を買おうとしている。自分に利益がなくても、子供のためになればいいということだ」と解説。「中国人は高額なものばかりを購入しているので、地元住民にはあまり影響しない」とも述べたという。 又トラブルも多発で…

 中国メディアなどによると、中国人によるオーストラリアの不動産購入をめぐっては昨年、現地の金融機関でローンを組む際に虚偽の収入証明書を提示するケースが多発するトラブルがあった。また、近年は中国人による「爆買い」で不動産価格が高騰し、一般市民が手を出しにくくなっていることが社会問題化しており、中国人との取引によって利益を得る人以外は、地元の人たちからは迷惑がられているのが実情だ。

 一方、中国では、本土の在住者が海外不動産投資のために人民元を外国通貨に両替することを規制する法律が昨年末に施行されたことで、個人の海外不動産投資は減っているとされる。しかし、すでに海外に在住する中国人は規制の対象外となっており、オーストラリアでも、規制による影響は大きくないとの見方も出ている。 リッチな中国人たちによる不動産「爆買い」はまだまだ続きそうだ。
(えびなたろう)

|

« (17-06.11.)(日);露「経済」深刻な低迷… | トップページ | (17-06.13.)(火):小池氏「出直し知事選」で前代未聞“ダブル選挙”か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78488/65400599

この記事へのトラックバック一覧です: (17-06.12.)(月);中国人、豪の新築物件中25%「爆買い」…:

« (17-06.11.)(日);露「経済」深刻な低迷… | トップページ | (17-06.13.)(火):小池氏「出直し知事選」で前代未聞“ダブル選挙”か »