« 18-南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上        (2016-08.18.) | トップページ | 20-世界中で存在感失う「人民元」名ばかり「国際通貨」 »

2016/08/19

19-戦後71年の靖国 安倍首相は堂々と参拝を

19-戦後71年の靖国 安倍首相は堂々と参拝を        (2016-08.19.)

 戦後71年の終戦の日、東京・九段の靖国神社には朝から多くの人が参拝に訪れた。国に命をささげた人々の御霊(みたま)に改めて哀悼の意を表したい。

 安倍晋三首相は自民党総裁として玉串料を納めたが、直接参拝しないのはやはり残念である。国や故郷、家族を守るため尊い命を犠牲にした人たちの霊に国民を代表し哀悼の意を表すことは、どの国の指導者にも必要な当然の行為である。

 安倍氏は第2次政権時の平成25年暮れに参拝を実現させた際、「二度と戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代をつくるとの誓い、決意をお伝えするため」と語った。
 平和を誓い、国を守る観点からも必要不可欠であるのに、その後、参拝しないのはどうしたことなのか。

 かつて首相が閣僚を率いて参拝するのは普通の光景だった。中国が干渉するようになったのは、中曽根康弘首相が公式参拝した昭和60年8月以降だ。小泉純一郎首相は平成13年から18年まで年1回の靖国参拝を続けたが、多くの首相が中国や韓国への過度の配慮から参拝を見送った。

 その国の伝統文化に従い戦没者の霊をまつり、祈りをささげることを非難されるいわれはない。日本は戦後一貫して平和と民主主義を守ってきた。戦争を賛美しているかのように取り上げることこそ誤りである。軍事力を背景に、法無視の行動を繰り返す中国こそ非難されよう。

 中国は日本の領土である尖閣諸島周辺で領海侵入などを繰り返している。稲田朋美防衛相に対し靖国参拝しないよう牽制(けんせい)などもあった。不当な要求に屈したかのようで、誤ったメッセージを送ることになりかねない。

 靖国は静かな追悼の場である。首相は、春秋の例大祭など機会をとらえ堂々と参拝すべきだ。蝉(せみ)時雨の靖国の杜(もり)には、戦没者の孫、ひ孫世代を含め若い人たちの姿も目立った。

 靖国神社には幕末以降、国に殉じた246万余柱の御霊がまつられている。このうち213万余柱は先の大戦の戦没者だ。靖国の歴史と役割を含め、先人の労苦や尊い命のうえに国が築かれてきたことを次代に伝える日としたい。
(えびなたろう)

|

« 18-南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上        (2016-08.18.) | トップページ | 20-世界中で存在感失う「人民元」名ばかり「国際通貨」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78488/64080549

この記事へのトラックバック一覧です: 19-戦後71年の靖国 安倍首相は堂々と参拝を:

« 18-南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上        (2016-08.18.) | トップページ | 20-世界中で存在感失う「人民元」名ばかり「国際通貨」 »