« 17-中国 係争中の南シナ海で観光強化方針 | トップページ | 19-戦後71年の靖国 安倍首相は堂々と参拝を »

2016/08/18

18-南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上        (2016-08.18.)

18-南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上        (2016-08.18.)

<習主席の要請にあきれる参加国>
中国の習近平国家主席が「失脚危機」に立たされている。浙江省杭州で来月、自身が議長を務めるG20(20カ国・地域)首脳会議が開かれるが、南シナ海での傍若無人ぶりにG7(主要国)から批判が噴出し、「G20からの中国追放」まで検討されているという。ジャーナリストの加賀孝英氏の衝撃リポートより、以下掲載する。

まず、米情報当局から得た極秘情報を報告しよう。「習氏は最近、『私に恥をかかせるのか!』と、周囲に当たり散らしている。経済も外交も行き詰まり、荒れている」

中国は9月上旬、G20首脳会議を開催する。習氏にとって一世一代の晴れ舞台だ。だが、その裏で中国は参加国に対し、極秘裏に以下の要請をしている。

「G20では次の4つを議論したい。『構造改革』『貿易と投資の推進』『世界経済の成長維持』『国際金融の枠組みの強化』だ。南シナ海など安全保障問題は取り上げないでほしい」

もし、G20で南シナ海問題が取り上げられたら、中国は袋だたきになり、習氏のメンツが潰れる。晴れの舞台が「恥の舞台」になり、習氏の失脚にもつながる。前出の要請は、取り上げないでくれと、裏で泣きついているということだ。ふざけるな、だ。

南シナ海は世界有数のシーレーンだ。安全保障上も、世界経済的にも、G20の重要課題ではないか。それを自分勝手な理由で外すなら、中国に議長国の資格はない。外務省関係者がこういう。

「参加国の中から『南シナ海問題を議題にしないならG20の意味はない、中国を外してG19を開催すべきだ』という強硬意見が出ている」

当然だ。問題は南シナ海だけではない。中国は卑劣にも、わが国固有の領土、沖縄県・尖閣諸島も狙っている。

海警局の公船が、尖閣周辺の接続水域や領海に連日のように侵入し、果ては、海上民兵が乗り込んだとみられる約300隻もの中国漁船が集結、一時は「8月15日、尖閣上陸」情報まで流れた。はっきり言おう。中国は間違いなく尖閣奪取で暴走する。

G20では、南シナ海とともに、東シナ海での中国の暴走も、断固議題に乗せるべきだ。
(加賀孝英;ジャーナリスト。1957年生まれ)
(えびなたろう)

|

« 17-中国 係争中の南シナ海で観光強化方針 | トップページ | 19-戦後71年の靖国 安倍首相は堂々と参拝を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78488/64076431

この記事へのトラックバック一覧です: 18-南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上        (2016-08.18.):

« 17-中国 係争中の南シナ海で観光強化方針 | トップページ | 19-戦後71年の靖国 安倍首相は堂々と参拝を »