« 11-中国、南シナ海で「100対ゼロ完敗」 | トップページ | 13-日比外相会談 「2つの海」で対中連携を »

2016/08/12

12-“小池新党”旗揚げか

12-“小池新党”旗揚げか         (2016-.08.12.)

<支援した都議らが新グループ結成 関係者「重大発表ある」>
東京都知事選で、小池百合子知事(64)を支援した、超党派の都議や区議、市議ら50~60人が新たなグループを結成する。10日夜、西新宿のホテルで初会合を開き、小池氏も出席するという。「小池新党結成に向けた準備会合では」という見方が出ているうえ、関係者は「重大発表がある」と語った。劇的な勝利から10日、小池氏らの動向が再び注目を集めそうだ。

新グループの名称は「小池知事とともに新しい都政を前進させる地方議員の会」。都議会からは、舛添要一前知事の「政治とカネ」の疑惑を徹底追及した無所属の音喜多駿(おときた・しゅん)都議など、小池氏を全面支援した会派「かがやけTokyo」(3人)が参加する。

さらに、除名覚悟で、小池陣営に入った自民党の豊島、練馬両区議や、多摩地域の市議会議員らも駆けつけ、小池氏の掲げた「東京大改革」「都政刷新」をサポートするのが目的だ。
小池氏は都知事選で「都政の闇、都議会の利権に切り込む」と訴えたこともあり、政党や組織、団体の支援を得られなかった。

このため、改革意識の強い地方議員がポスター貼りなどの“実動部隊”として活躍した。関係者によると「小池氏は、自主的に動いてくれた地方議員らに恩義を感じている。会合では、東京大改革を前進させることを再確認する」という。
小池氏自身が会合に出席するため、都議会内では早くも「『小池新党』に向けた準備会合ではないか」(都庁幹部)との見方が出ている。

選挙中から騒がれた「小池新党」だが、現実味はある。来年夏に都議選を控えているからだ。現在、小池氏を支持する立場を明確にしている都議会の“知事与党”は、かがやけTokyoだけ。小池氏としては「同志」を少しでも増やしたいのが本音といえる。新グループに参加する区議や市議らを「小池新党」の候補として都議選で擁立し、小池氏と対立する自民党などの現職にぶつけることは十分あり得る。

地方レベルの新党としては、橋下徹元大阪市長が率いた地域政党「大阪維新の会」の成功例もある。事務局を務める「かがやけTokyo」の両角穣(もろずみ・みのる)都議は夕刊フジの取材に、「小池都政を強力に支え、前進させたい。与野党問わず、超党派の地方議員が結集する。重大な発表もある」と語った。
(えびなたろう)

|

« 11-中国、南シナ海で「100対ゼロ完敗」 | トップページ | 13-日比外相会談 「2つの海」で対中連携を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78488/64046710

この記事へのトラックバック一覧です: 12-“小池新党”旗揚げか:

« 11-中国、南シナ海で「100対ゼロ完敗」 | トップページ | 13-日比外相会談 「2つの海」で対中連携を »