« 26-フィリピンと中国「裁定」こそ対話の前提だ | トップページ | 28-経済対策「真水3兆円」は物足りない »

2016/07/27

27-南シナ海で日中譲らず=ASEANへ働き掛け

27-南シナ海で日中譲らず=ASEANへ働き掛け        (2016-07.27.)

 【ビエンチャン時事】岸田文雄外相と王毅中国外相の25日の会談は、南シナ海をめぐって双方の主張が平行線をたどった。中国の強引な海洋進出に歯止めをかけたい日本と、自国の立場の正当化を狙う中国が共に東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国への働き掛けを強化。米国なども交えた外交戦の様相を呈した。

 日中外相会談は4月に北京で行われて以来。今月中旬、モンゴルで開かれた安倍晋三首相と李克強首相との会談に続くハイレベル政治対話だ。中国はこの際も「日本は介入をやめるべきだ」と主張しており、王氏は外相会談で、南シナ海問題で譲歩する考えのないことを改めて印象付けた。

 岸田氏は会談に先立つASEAN各国との外相会議で、中国の主権を認めなかった仲裁裁判所の判決を取り上げ、「当事国が判決に従うことが南シナ海問題の平和的解決につながる
と各国に連携を促した。

中国が「日本は当事国ではない」と主張していることを踏まえ、「南シナ海は日本にとって死活的に重要なシーレーン(海上交通路)であり、地域全体の平和と安定にとって重要だ」と訴えることも忘れなかった。

 また、判決尊重の立場を共有する米豪との3カ国外相会談を開催。仲裁判決を一顧だにしようとしない中国に圧力をかけた。

 だが、ASEAN外相会議は25日、カンボジアなど一部の親中国の反対で、共同声明での仲裁判決への言及を見送った。中国が巨額の経済支援を背景に影響力を行使したとみられ、日本政府関係者は「いつものやり方だ」と嘆息した。

 南シナ海をめぐる攻防は、日米中など域外国を交えて26日に開かれる東アジアサミット外相会議やASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議に舞台を移す。ただ、ASEANが足並みの乱れを露呈したことで、判決無視を決め込む中国に軌道修正を迫るのは難しそうだ。(MSN ニュースより)
(えびなたろう)

|

« 26-フィリピンと中国「裁定」こそ対話の前提だ | トップページ | 28-経済対策「真水3兆円」は物足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78488/63972300

この記事へのトラックバック一覧です: 27-南シナ海で日中譲らず=ASEANへ働き掛け:

« 26-フィリピンと中国「裁定」こそ対話の前提だ | トップページ | 28-経済対策「真水3兆円」は物足りない »