« 14A-&14B | トップページ | 16-竹島奪還「絶好の機会だぜ」 »

2016/07/15

15- 先手先手を打つ女勝負師と手堅い元官僚

15- 先手先手を打つ女勝負師と手堅い元官僚        (2016-07.15.)

<好対照な小池氏と増田氏 都知事選 >
小池百合子元防衛相は、7月6日に開いた東京都知事選の出馬記者会見で、(1)冒頭解散(2)利権追及(3)舛添問題の第三者委員会設置-を打ち出した。中でも度肝を抜いたのが、都議会の冒頭解散だ。

今の制度では、首相には国会の解散権があるが、都知事には都議会の解散権はない。都議会の解散は、都民からのリコール、自主解散、都知事が不信任を受けた際の対抗策の3つしかない。つまり、都知事としてできるのは、都民にリコールをさせること、議会改革で都議会を締め上げること、都知事支持の都議会議員を増やして議会解散への流れを作ることだ。

もちろん、小池氏も都知事に都議会の解散権がないことは承知していると会見で明言した。無理筋を承知で、先手を打つために、意図的に話題になるような言い方をしたのだろう。このあたりは、小泉純一郎元首相が「自民党をぶっ壊せ」と言ったのによく似ている。

そういえば、小池氏が自民党総裁選に立候補したとき、「霞が関をぶっ壊せ」という公約を作っていた。筆者は同名の書物で霞が関改革を論じていたこともあり、霞が関改革の中身を教えてほしいという依頼もあった。いずれにしても、今回は「都議会をぶっ壊せ」という趣旨で、自民党都連との対決姿勢を出したのだろう。

都知事選は、これまで知名度を生かした「後出し」が有利とされてきたが、小池氏は、本命とされた桜井俊前総務事務次官が不出馬とみるや先手を打ってきた。

石原伸晃自民党都連会長が参院選後まで動けないことを見越したものだ。相当な勝負師である。しかも、環境相や防衛相の経験もあり、政策実務にも精通している。

一方、総務相や岩手県知事を務めた増田寛也氏は、もともと建設省官僚出身なので手堅い。
リーダーシップを発揮するというより、官僚の提案に乗るタイプだといえる。

小池氏の出馬には、多くの自民党関係者が戸惑っているだろう。ただし、しがらみのない立場で、都民に選択肢を提供してくれるなら、都民としては歓迎ではないか。

都議会の選挙は来年6月にある。小池氏が打ち出したような「冒頭解散」は現実的には難しいが、都議会改革という問題を提起したことによって、まともな都議会選挙になればよいのではないか。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)
(えびなたろう)

|

« 14A-&14B | トップページ | 16-竹島奪還「絶好の機会だぜ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78488/63917251

この記事へのトラックバック一覧です: 15- 先手先手を打つ女勝負師と手堅い元官僚:

« 14A-&14B | トップページ | 16-竹島奪還「絶好の機会だぜ」 »