« 05-都知事候補 選考する側に理念あるか  | トップページ | 07-小池氏「都民目線で戦う」都連の候補者決定待たず »

2016/07/06

06-無党派・小池氏か、組織・増田氏か“都知事選”

06-無党派・小池氏か、組織・増田氏か“都知事選”       (2016-.07.06.)

<自民党内調査では小池氏優勢>
 東京都知事選(14日告示-31日投開票)をめぐる、にらみ合いが続いている。自民党都議団が、増田寛也元総務相(64)の擁立方針を強める一方、自民党の小池百合子元防衛相(63)も「私のハラは固まった」として断固出馬する構えなのだ。小池氏は5日午後、党都連会長の石原伸晃経済再生担当相と都内で会談。正式に推薦願を提出した。石原氏はこれを受理したうえで、10日に投開票される参院選後に対応を決める考えを伝えた。石原氏の責任問題もささやかれるなか、都連は分裂選挙を回避できるのかが問題である。

 小池氏は6月29日、都連に相談せずに記者会見を開き、都知事選への出馬を表明した。「先出しジャンケン」とも「クーデター出馬」ともいわれたが、その潔さが話題となったためか、自民党の内々の世論調査では、小池氏への支持が先行していると言う。

 電撃的な出馬表明で流れをつくった小池氏は、都連に推薦を求める文書を提出する一方、「都民のいろんな考えがあり、それを受け止めるのが私の役目」「あらゆる形で出馬する覚悟を決めている」と言い、都連の支援が得られなくても、無党派層の支持を得て出馬する姿勢を示している。

 一方、増田氏は4日午前、都内23区の首長でつくる特別区長会の幹部から出馬要請を受け、同日午後には市長会の会長とも面会したが、「(スカイツリーから)飛び降りれば、普通、死んでしまう。そう簡単に飛び降りるというわけにはいかない」と言い、慎重姿勢も崩していない。都知事選は無党派層の影響が強いため、組織票だけでは戦えないのだ。

 小泉純一郎元首相が5日、東京都内で開いた記者会見の中で、自民党の小池百合子衆院議員(63)が都知事選に立候補する意向を示したことに触れ、「度胸がある。やるからには精いっぱいやってほしい」とエールを送る場面があった。

 小池氏は自民党都連が支援しなくても出馬する意欲を示している。小泉氏は、小池氏から出馬に関して相談を受けたことは、ないとした上で「よく意思を固めた」と話した。同席した細川護煕元首相も「いい勝負の勘をしている」と述べている。
(えびなたろう)

|

« 05-都知事候補 選考する側に理念あるか  | トップページ | 07-小池氏「都民目線で戦う」都連の候補者決定待たず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78488/63877165

この記事へのトラックバック一覧です: 06-無党派・小池氏か、組織・増田氏か“都知事選” :

« 05-都知事候補 選考する側に理念あるか  | トップページ | 07-小池氏「都民目線で戦う」都連の候補者決定待たず »