« 17-焦りの表れ、締め付け奏功 思考回路は世界の非常識 | トップページ | 19-東アジアに米第3艦隊投入 中国の挑発行為を阻止 »

2016/06/18

18-都知事選 民進・蓮舫氏の動向が当面の焦点

18-都知事選 民進・蓮舫氏の動向が当面の焦点        (20216-.06.18.)

東京都の舛添知事の後任を決める東京都知事選挙を巡り、民進党からは、蓮舫代表代行の立候補に期待する声が上がっています。

これに対し自民党は警戒感を示していて、民進党などの動きも見ながら候補者の調整を進める方針で、当面は蓮舫氏の動向が焦点となっています。

東京都の舛添知事が辞職することに伴う東京都知事選挙は、来月14日告示、31日投票の日程で行われることになりました。

こうしたなか、民進党は17日、東京都連の会合を開き、党として候補者の擁立を目指して作業を急ぐことで一致しました。

民進党内では、参議院東京選挙区選出の蓮舫代表代行の立候補に期待する声が上がっていて、蓮舫氏は「舛添知事がまだ辞職していないので、何か言う立場にはないが、仲間の思いは大事にしていきたい」と述べています。

また、共産党などからは、蓮舫氏が立候補するのであれば、参議院選挙と同様に、野党が連携して支援できるという意見も出ています。

これに対し自民党は、東京都連が17日、会合を開き、4年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、都政を支えていく必要があるとして、「自民党として候補者を擁立すべきだ」という意見が相次ぎました。

一方で、党内からは「蓮舫氏が立候補すれば、厳しい戦いとなる」という警戒感や、「蓮舫氏では、政府と協力関係を作るのは難しいのではないか」という指摘も出ていて、自民党は、民進党などの動きも見ながら候補者の調整を進める方針です。

蓮舫氏は、来週の22日に公示される参議院選挙に立候補を表明していることから、来週前半にも都知事選挙への対応を決めるものとみられ、当面は蓮舫氏の動向が焦点となっています。
(えびなたろう)

|

« 17-焦りの表れ、締め付け奏功 思考回路は世界の非常識 | トップページ | 19-東アジアに米第3艦隊投入 中国の挑発行為を阻止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78488/63794081

この記事へのトラックバック一覧です: 18-都知事選 民進・蓮舫氏の動向が当面の焦点:

« 17-焦りの表れ、締め付け奏功 思考回路は世界の非常識 | トップページ | 19-東アジアに米第3艦隊投入 中国の挑発行為を阻止 »