« 16-中国孤立、南シナ海問題でASEAN懐柔に失敗 | トップページ | 18-都知事選 民進・蓮舫氏の動向が当面の焦点 »

2016/06/17

17-焦りの表れ、締め付け奏功 思考回路は世界の非常識

17-焦りの表れ、締め付け奏功 思考回路は世界の非常識       (2016-.06.17.)

日米両国と友好国による中国包囲網の締め付けが相当効いている。焦っていると言ってもいい。鹿児島県・口永良部島周辺の領海内での中国艦艇の動きや、中国外務省の常軌を逸した発言の数々がその証左だ。

挑発に乗らず、中国側の意図を慎重に見極める日本政府の対応は理にかなっている。ただ、偶発的な衝突を避けるためにも、中国軍部と外務省の思考回路が世界の非常識であることを、外交の舞台で上品に、しっかり教える必要がある。

同時に、主権を犯す国際法違反事案には、毅然とした対応が求められる。軍艦艇の動きだけではない。取り乱したかのような外交当局の言動は、民主国家による包囲網の効き目を皮肉にも物語っている。

日経新聞電子版(6月1日付)は、伊勢志摩サミットに関する中国外務省の公式論評をこう紹介した。「日本は南シナ海問題を大げさに騒ぎ、緊張を宣伝している」「日本はG7を利用し、ケチなソロバンをはじき、小細工した」

およそ外交当局とは思えない下品な論評にG7各国はドン引きだろう。北朝鮮の宣伝放送さながらだ。日米両国にケンカ腰の中国に対し、他の主要国も露骨に反発を強めている。6月、カナダを訪問した王毅外相は、ディオン外相との共同会見で、中国の人権状況について質問したカナダ人記者に激高した。

トルドー首相は記者への不当な扱いについて、カナダ政府として抗議した。前代未聞の醜聞だといえる。ルドリアン仏国防相は5日、欧州連合(EU)に対し、航行の自由を守るため南シナ海に海軍艦艇を派遣すべきだと主張した。ニューカレドニアを領有するなど、太平洋国家としての本能を目覚めさせたか。極めつけは、海洋進出を活発化させる中国を念頭に始まった日米印3カ国による海上共同演習「マラバール」の実施だ。

元ユーゴスラビア大使で中国問題に詳しい美根慶樹・平和外交研究所代表は中国軍の動きについて、1992年に領海法を制定してから活発化していると指摘し、「外交当局は軍部の動きを知らされていないのではないか」と述べた。知日派とされる王外相の強硬発言については、「権力中枢で深刻な緊張が続いている可能性がある」と語った。

包囲網の構築は国際世論そのものである。国内の権力闘争がいかなるものであれ、中国は世界の平和と安定に責任を持つ大国だ。自重した行動が求められる。(以上;産経新聞より)
(えびなたろう)

|

« 16-中国孤立、南シナ海問題でASEAN懐柔に失敗 | トップページ | 18-都知事選 民進・蓮舫氏の動向が当面の焦点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78488/63789696

この記事へのトラックバック一覧です: 17-焦りの表れ、締め付け奏功 思考回路は世界の非常識:

« 16-中国孤立、南シナ海問題でASEAN懐柔に失敗 | トップページ | 18-都知事選 民進・蓮舫氏の動向が当面の焦点 »